レビトラとお酒の関係は?一緒に飲んだらダメなものチェック

レビトラ系の薬を飲むときに気をつけたいのが、お酒やほかの医薬品との相性です。
EDに効くからといって、レビトラ=強力な精力剤といったイメージを持つのは間違い!

何も考えずにレビトラを飲んだあとで飲酒したり、レビトラと持病の薬を併用してしまったら、身体に悪い影響を与えてしまう可能性が。
レビトラもジェネリックも優れた勃起効果を持っている分、安全に飲むために十分配慮しなくてはいけません。

レビトラ服用時のアルコールはほどほどに

レビトラとアルコールの併用は危険

お酒のチカラを借りて女の子といい雰囲気に・・なんて考える夜もあるでしょう。
しかし飲みすぎは禁物!
酔っぱらって勃ちが悪くなるだけでなく、レビトラを服用して飲酒することは身体にとって大きなダメージになってしまいます。

レビトラの働きは、性器への血流をアップさせて勃起を促すこと。
アルコールも同じように血行促進作用を持っているので、一緒に飲むとお互いの作用を強めてしまうのです。
血流がよくなり過ぎた結果、急激な血圧の低下を引き起こしかねないため非常に危険!

レビトラとお酒を一緒に飲むとどうなる?

レビトラとアルコール、どちらも血圧に作用するため、適量や用法を守って飲むことが大切です。

それぞれ別の日に飲めば問題ないものの、お酒をたしなんでからセックスに・・という流れはよくあるパターンですよね。

アルコールとレビトラを同時に吸収すると、どんな変化が起こるのでしょうか。

・いつもより酔いやすくなる
・レビトラが効きすぎて副作用が出やすくなる

お酒に強いタイプの人でも、レビトラと一緒に飲むとすぐに酔っぱらってしまいます。
酔うと感覚が鈍くなるので、EDでなくても勃起しづらくなるのは当然。
勃たせるためにレビトラを飲んでいるのに、勃ちにくいコンディションになってしまっては本末転倒です。

勃起はしないのに副作用だけが強くでてしまったら・・。
満足なセックスができないうえに頭痛や鼻づまりといった症状に悩まされるなんて、残念すぎですよね。
さらにレビトラとお酒の併用は、血圧を急激に下げてしまうことがありとても危険

充実した夜をエンジョイするためにも飲酒は控えめにして、健康な状態をキープするようしっかり意識しておきましょう。

レビトラを飲めない人って?持病&ほかの薬に注意

レビトラを服用してはいけない人

EDを患っている男性なら、誰でもレビトラを飲めるというわけではありません。
ほかの病気のために飲んでいる薬がある・持病があるという人は、レビトラNGな場合も。

少しでも引っかかる点がある・気になる症状があるという人は、医師に相談してみてくださいね。

併用禁忌薬とは

以下を服薬中の場合は、レビトラを服用できません。

硝酸剤
硝酸イソソルビド、アイスラール、イソコロナール、ニコランマートなど
(※血圧が下がりすぎるおそれあり)
抗ウイルス薬
インビラーゼカプセル、カレトラ、スタリビルド、ブリジスタなど
(※レビトラの血中濃度が上がりすぎるおそれあり)
抗真菌薬
イコナゾン、イトラート、イトラコネート、イトラリールなど
(※レビトラの血中濃度が上がりすぎるおそれあり)
抗不整脈薬
アミオダロン塩酸塩、アンカロン、ジソピラン、ソピラート、リスピン、リゾラミドなど
(※心臓の働きに悪影響をおよぼすおそれあり)
慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬
アデムパス
(※症候性低血圧を発症するおそれあり)

ほかにも併用してはいけない医薬品がたくさんあるので、自分で判断せずにかならず医師へ相談を。

あなたは大丈夫?レビトラNGの人とは

併用禁忌薬を服用していなくても、持病や体質によってレビトラを服用できないケースもあります。

レビトラを服用できない人
・レビトラやほかのED治療薬を飲んでアレルギー症状が出たことのある人
・心臓の病気で性行為が不適切な場合
・不安定狭心症や先天性の不整脈を患っている人
・半年以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を発症した人
・重度の肝障害を患っている人
・透析が必要な腎障害を患っている人
・低血圧または高血圧の人
・進行性夜盲症の人
・女性、未成年、高齢者(65歳以上)

いすれかひとつでも当てはまる人は、EDであっても治療薬を服用できないことがあります。
医療機関を受診して、レビトラ系の薬を飲んでも構わないか確認することは必須。

安心・安全なED治療のためにも、自己判断での服用は絶対にやめましょう。