ジェビトラ|ハイパワーのレビトラ・ジェネリック

ジェビトラは、数あるレビトラのジェネリック商品のなかでは決して知名度が高いとはいえません。
しかし!ジェビトラならではの大きな特徴を知らなければ損をするかも!?

ジェビトラは、1錠あたりに含まれる有効成分量の選択肢がほかとは違います。
日本の規格で認可されている20mgはもちろん、40mg、60mgという大容量でのロット展開はぜひ注目しておきたいポイント。

成分量が多ければいいというわけではありませんが、うまく使いこなせれば絶対的な夜の自信を得られるだけでなくED治療にかけるコスパ改善も目指せます。

ジェビトラを買ってみる

ジェビトラでコスパUPを狙う方法

ジェビトラとは

ジェビトラは1錠あたりの成分量の多さが最大の魅力です。

平均的な日本人男性は10~20mgで十分な効果が得られるとされているので、40mgや60mgの錠剤を分割して複数回に分けて服用すれば大幅なコスパアップが狙えます。

10mgユーザーの場合 20mgユーザーの場合
ジェビトラ20mg 1回あたり116円 1回あたり233円
ジェビトラ40mg 1回あたり55.7円 1回あたり111.5円
ジェビトラ60mg 1回あたり46.5円 1回あたり93円

1錠を6分割して服用するのはさすがに現実的ではありませんが、用量の多い錠剤を分割するという手間をいとわなければ大幅な節約が可能となります。

60mgを2回に分けて使う!大容量は海外製ならでは

もし10mgや20mgでは十分な勃起が得られないことがあるという場合でも、60mgを半分に割って30mgを試せるのはジェビトラならでは。

ジェビトラ60mgは10錠入りで2,790円。
1錠あたり279円、半錠139.5円で、強力かつ即効性に優れた勃起作用が得られるのはうれしい限りです。

ジェビトラを買ってみる

ジェビトラ服用のコツは?

ジェビトラ服用時の注意点

ジェビトラの飲み方や服用時の注意点は、基本的にレビトラと同じです。

ジェビトラの服用方法
・1日1回1錠まで
・性行為の30~60分前に飲んでおく

早い人なら10~15分ほどで効きはじめ、45分後には効果がピークに。
突然のセックス・チャンスでも焦ることなく対処できるのがジェビトラの長所ですが、「もっと早く効かせたい」「硬くなりたい」という気持ちから40mgや60mgを服用するのはNG

服用量によって即効性やED改善率は変わらないので、まずは少量から試してみて自分にとっての適量を知ることが大切です。

何mgを選ぶのかよく考えて!

ジェビトラの有効成分・バルデナフィルは、一度で服用できる量の上限が20mgと定められています
しかし体格の大きな男性や薬が効きづらい体質の人は、効果が乏しく感じてしまうケースも。
その点ジェビトラは40mg、60mgの選択肢が用意されているので、従来のレビトラ系商品では満足できていなかった人でも納得の結果が得られるはずです。

しかし、成分量が多ければ多いほどいいというわけではありません。
40~60mgを購入した場合でもかならず、半分ないし4分の1錠に分割して少量から試してみてくださいね。

効果と副作用のバランスが難しい?

用量が多く、強く作用する可能性のあるジェビトラは副作用リスクも大幅アップ。

血行促進の効果から、頭痛やほてり、動悸、鼻づまりといった症状が、いつもより発症しやすいうえに強く生じる危険性が。
副作用に悩まされることが多いタイプの人は、ジェビトラは避けておく方が無難です。

また体内に取り込まれる有効成分が多いと、代謝する肝臓の負担も大。

ジェビトラを購入・服用する際には、EDの改善と健康のバランスをよく考えなくてはいけません。

ジェビトラは通販限定のレビトラ・ジェネリック

レビトラのジェネリック医薬品は、すべて日本では未承認。
ジェビトラも例外ではなく、医療機関やメンズクリニックでの取り扱いはありません。

大容量かつ低価格なジェビトラに興味を持ったら、個人輸入代行サイトを検索してみましょう。
わざわざ病院を受診しなくても、安価なED治療薬を手軽に試せるのは通販ならでは。(レビトラ・ジェネリックの通販について

即効性の高いED治療薬を求めている、だけどほかのレビトラ系商品では効きがイマイチだった…という男性はぜひ、40mg・60mgの選択肢があるジェビトラにトライしてみてくださいね。